積彩 個展「PLAYFUL COLORS」

2022.06.25(Sat) - 2022.06.30(Thur)

YUGEN Galleryにて2022年6月25日(土)〜6月30日(木)の期間、積彩 個展「PLAYFUL COLORS」を開催します。

積彩は、3Dプリンティングなどのデジタル造形手法の開発によって新たな色彩表現を探求するデザインファブリケーションスタジオです。

具体的には「Coloring as a code(デジタルコードによって着彩する)」という、デジタルデータを高度に扱い、立体着彩を施す技術を探求してきました。そして彼らは、3Dプリンティングでしか成し得ないような造形 / 色彩表現を探求する中で、繊細なプリーツを立体表面に配することにより「見る角度によって色が変化する」という視覚効果を創出させることに成功しました。これによりオーディエンスに対し、「実物を見ているにも関わらず、まるでCGを見ているかのような」新しい視覚体験を提供することが可能になりました。

積彩が目指すのは、3Dプリンタという最先端のテクノロジーを用いることで、新しい「モノ」を作るだけではなく、その裏にある新しい「モノづくり」の在り方を思索し、この時代にふさわしい新たな「モノがたり」を紡いでいくことです。

積彩にとって初のギャラリー個展である本展では、これまでの探求の成果として生み出された、複雑に色が変化する表現を利用した作品「Playful Colors」の数々を展示します。

デジタルデータとマテリアルが織り混ざり、形状と色彩が融け合い、その先に結実する幽玄な視覚現象を是非ご覧ください。

なお本展は日本の芸術文化を見つめ直し、その魅力を世界へ発信するバイリンガル美術情報誌『ONBEAT』が、YUGEN Galleryでキュレーションを行う展覧会の第四弾として開催されます。

展示作品

夕顔
鼓草
球根
朝顔
Embryo
玉咲
蕾-tall-
鬼灯
Transpective
Peacock Ripples
水色器
坩堝
惑溺
積彩
積彩 【ONBEATキュレーション作家】

大日方 伸、江口壮哉、高盛竜馬、 木下里奈によるユニット。
慶應義塾大学田中浩也研究室で行っていた「3Dプリントによる特殊色彩表現の研究」に端を発し、研究グループ代表の大日方の大学院卒業を期に社会実装に向けて創業。2021年設立。
2019年「Furoshiki Tokyo展」(江戸桜通り地下歩道ほか / 東京)、2022年「SICF22」(スパイラル / 東京)などグループ展に多数参加。
2020年Toyama Design Competitionグランプリ、CS Design Award学生部門金賞など受賞多数。
作家について
会期 2022.06.25(Sat) - 2022.06.30(Thur)
会場 YUGEN Gallery
住所 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル3F
開館時間 <内覧会>
6月25日(土)13:00〜15:00 
<一般>
6月25日(土)15:00〜19:00 
6月26日(日)13:00〜19:00
6月27日(月)14:00〜19:00
6月28日(火)14:00〜19:00
6月29日(水)14:00〜19:00
6月30日(木)14:00〜17:00
作家在廊日 全日
休館日 なし
入館料 無料
注意事項 ※状況により、会期・開館時間が予告なく変更となる場合がございます。ご了承下さい。