聖護院蕪

清野和正

聖護院蕪
聖護院蕪

聖護院蕪

清野和正

子どもの頃から生き物が好きで、いろいろな生き物を飼育してきました。そして彼らの死に何度も直面する中で、死ぬと何がなくなるのかと疑問を持つようになりました。そうした経験から私はモティーフとして、生き物の残骸や、人が使っていた道具など、生命そのものではなく、生命の気配が感じられる対象物を選んで描いています。それを包み込んでいるものを表現することにより、見る人にその命を感じさせるような絵画を描きたいと思います。

サイズ 28.8 cm × 37.9 cm
素材 紙、鉛筆
制作年 2015
価格 ¥132,000(税込)

清野和正