マサヒト・ヒラヌマ/鮎川陽子「#punk #rock #art #life」展

2022.02.26(Sat) - 2022.03.06(Sun)

今回YUGEN Galleryでは2022年2月26日(土)〜2022年3月6日(日)期間に、鮎川陽子、マサヒト・ヒラヌマによる合同展覧会「#punk #rock #art #life」を開催いたします。

鮮やかな色使いと底抜けに明るい世界観が特徴的な作品を多く生み出している鮎川陽子。
感じるままをダイレクトにぶつけた作品を積極的に発表している、マサヒト・ヒラヌマ。
今回はそんな二人の鬼才が生み出した新作を含む約20点の作品の展示・販売を行います。

展示作品ハイライト

《FASHION-No.9 / NO.44》
MASAHITO HIRANUMA
《 ねこのおさんぽ(wandering cat)》
鮎川 陽子
《series FASHION / ROCK STAR No.08》
MASAHITO HIRANUMA
《ゴールデンアイ初日の出(Golden Eye)》
鮎川 陽子
《series FASHION / ROCK STAR No.10》
MASAHITO HIRANUMA
《ベネ》
鮎川 陽子
《series FASHION / ROCK STAR No.03》
MASAHITO HIRANUMA
《サンシャイン(Sunshine) 》
鮎川 陽子
《FASHION-No.9 / NO.54》
MASAHITO HIRANUMA
《 きょうりゅうのうた(Song of dinosar)》
鮎川 陽子

※一部展示作品は変更になる場合がございますので、ご了承ください。

ステートメント <鮎川陽子>

今回は私は命に注目し、それを絵にしました。
人と人がぶつかりあい、はじけるエネルギーが
人間世界の中のあらゆる壁と壁に残した痕跡を
描いてみました。
コロナもあって閉塞感を感じ、暗い雰囲気のする世の中だけれど、
たくさんの色に彩られた本来人がもつ力を漲らせ、
世界中のあらゆる人に輝いていてもらいたいと私は願っています。

ステートメント <ヒラヌマ・マサヒト>

私がseries FASHIONを描き始めたきっかけは、数々の巨匠たちの油絵の小品に魅了され、感動したからです。
彼らの小品は大きな作品を描く前にデッサン的に行うものが多いですが、その中にあるダイレクトに入れられたブラシの線のエネルギーが私の感性を刺激します。

SEXをする時にワザワザこれが理想のSEXですみたいなSEXをして満足するよりは、
自分が求めるものをダイレクトに本能的に彼女を求め、彼女を愛して心の求めるまま相手の心に触るようにSEXをしたい。欲しいままに求めあい、与え合うSEXの方が面白い。

私はこのように絵を描く。
私はその魅力に魅了される。
欲しいままに描く。

やはり、表面を着飾るよりは内面をそのまま表出する方が魅了的だし、私の感性を刺激する。

内面を着飾ることがFASHIONだしROCKだ。PUNKはその最先端。そこに漂うEROS。その感覚が私は大好きです。

ビジュアルブック「#punk #rock #art #life」

「#punk #rock #art #life」展のビジュアルブックを来場者特典として配布しております。
下記アンケートにご回答いただき、ギャラリーにご来場された方限定の特典となります。
ぜひ、奮ってご回答ください。

※アンケートの受付は終了いたしました。ご協力頂きありがとうございました。

ビジュアルブック「#punk #rock #art #life」

収録アーティスト:マサヒト・ヒラヌマ/鮎川陽子
B4版/20ページ/定価1,650円(税込)

マサヒト・ヒラヌマ
マサヒト・ヒラヌマ MASAHITO HIRANUMA パリ-東京コレクションなどの選曲、演出助手、スタイリスト、演劇の舞台音響などの仕事を手がけながら、自分自身の表現を求めて絵画制作を始める。
90年に渡仏し、94年にパリPROCREARTでデビュー。パリで活動しながら独自のスタイルを探究。その後98年に帰国し横浜での個展を皮切りに個展を中心としてゲリラ的に活動中。
作家について
鮎川陽子
鮎川陽子 YOKO AYUKAWA 画家、モデル、DJなど様々な分野で活躍。シーナ&ロケッツの鮎川誠とシーナの双子の長女に生まれ、高校卒業後ファッションモデルとして多くの雑誌に出演。海外でもシャネルのパリコレクションなどで活躍。2017年に絵を展示してみたことをきっかけに画家として本格的に活動を開始する。2018年伊勢丹新宿店や2022年WAVE展への参加や、コラボ商品の制作など精力的に活動中。 作家について
会期 2022.02.26(Sat) - 2022.03.06(Sun)
会場 YUGEN Gallery
住所 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル3F
開館時間 13:00 〜 19:00
休館日 なし
入館料 無料