彩蘭弥

ONBEATキュレーション作家

3歳で画家を志し、毎日絵を描き続けています。
大学卒業後、ネパールへと渡り、現地の仏画師に師事し、仏画を学びました。
そこで得た色彩感覚と、仏教の根底にある生命賛歌をテーマに制作を続けています。
ネパール以外でも、インドやブータン、タイ、ラオス、カンボジア、京都などアジア各国で仏画を学びました。
また仏教以外にもさまざまな宗教や思想、アニミズム的な祈りを研究し、現代アートとして自由な解釈で作品に反映させています。
現在は東京を拠点に、主に日本画の制作をしながら、壁画や本の挿絵制作を行っています。